子供

愛犬が椎間板ヘルニアを患ってしまう前に一読しておこう

猫

ノミやダニの駆除を行う

猫の病気にも色々な種類がありますが、皮膚病も多い病気のひとつです。その原因はノミやダニの影響によるものから、アレルギーやカビなど実に様々です。皮膚に異常が見つかった場合はできるだけ早く受診して最適な治療を行いましょう。

犬

人気の高い伝統犬種

柴犬は人気の高い日本原産の犬種で、室内犬としても飼いやすいため、多くの愛好家がいます。もともと狩猟犬であったため、飼う際は十分に運動させてあげる必要があります。毎日たっぷり散歩をさせ、ボールなどで遊んであげるようにします。

ドッグ

事前に知っておくべき情報

ポメラニアンは愛くるしい見た目を持つ小型犬でありますが、活発で勇敢な性格をしています。また、甘えん坊の一面もあります。しつけはきちんと上下関係を教え込むことと、誉めてのばすことが重要です。膝蓋骨脱臼が起こりやすいので抱っこの仕方などには要注意です。

腰痛や歩行障害の原因病

ドッグ

軽度なら保存療法で改善

椎間板ヘルニアと言えば人間にとって腰痛の主原因となる病気としておなじみですが、犬の場合も事情は同じです。椎間板とは脊椎を構成する骨と骨の間に挟まった軟骨組織です。背骨を動かす際のクッションの役目を果たしていますが、激しい運動による負担が蓄積されたり細胞が老化したりすると、つぶれて本来の位置からはみ出してしまうことがあります。これが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアを発症すると、はみ出した部分が神経を圧迫して痛みを引き起こします。重度の場合は歩行困難や排尿障害を引き起こすこともあります。もっとも発症しやすい場所は腰部ですが、頸部に発症して前肢の麻痺などを引き起こすこともあります。椎間板ヘルニアが起きる最大の要因は加齢ですが、ダックスフンドなどの胴長タイプの犬種はもともと足腰に負担がかかりやすいため、若年のうちから発症することがあります。その他、プードルやシーズー、パグなども椎間板ヘルニアになりやすい犬種だとされています。重度の椎間板ヘルニアに対しては、外科手術が必要となります。一方、軽度の場合は薬を使用しながら自宅で看病してあげれば、自然に軽快することがあります。薬は抗炎症薬や鎮痛剤の処方がメインとなります。症状に応じてステロイド系・非ステロイド系の両方が使われます。看病の際に注意すべき点は、何よりもまず安静を保つことです。運動を控える、という程度の消極的な方法でなく、ケージレストによる積極的な保護に努めます。また、排泄が困難な犬に対しては、お腹を押してあげたり浣腸をしたりといった世話が必要になることがあります。