最新の家にしたいならZEHの家も検討材料にいれよう

最新の家に住み続ける

家はどうしても古くなったら住み続けることはできません。もし長い間住むことを考えるなら、シャッターも含めて新しく、そして最新設備のそろった家に住むようにしましょう。そうすれば何十年後たっても、不便さを感じることがありません。

シャッターは手動が良い?電動が良い?

手動

手動だと余計なコストをかけなくて済むので安価なのが魅力です。電動化にすると停電時に困ってしまうため、あえて手動シャッターを選ぶ人もいます。また、点検しながら開け閉めをするので、ペットの出入りがある家には適しています。

電動

多少お金はかかりますが、新築時にすべて電動化にすればコストはそれほどかかりません。なにより外に出ずに窓や駐車場の開け閉めができるので便利です。重いシャッターでも安全に、そして静かに開閉ができます。

最新の家にしたいならZEHの家も検討材料にいれよう

模型

自宅で発電

シャッターの電動化だけでなく、家で使うすべてのエネルギーを電気で賄うことをオール電化といいますが、そうなると電気の消費量が多くならないか心配です。
ZEHならエネルギーを自宅で生み出すことができるため、環境にも配慮した家にすることができます。

シャッター

これから家を建てる人は注目

これから家を建設しようと考えている人はこのZEHに注目すべきです。なぜなら、このネット・ゼロ・エネルギー・ハウスは、政府が推進しており、将来の標準的な住宅として推奨されているからです。エネルギー基本計画に沿って、補助金も出るので検討しましょう。

太陽光発電

頼むなら専門の業者へ

エネルギーの生成自体は太陽光発電システムの導入によって簡単に実現できます。しかし、ZEH建設のためにはそれだけでは不十分です。省エネもしなければなりませんし、断熱を行なって空調管理をしやすくしなければならないので、ZEHの建設に慣れている業者に依頼しましょう。

環境にやさしい家ならずっと住み続けられる

近年は再生可能エネルギーにも注目が集まっており、地球温暖化など様々な変化に対応できるようなシステムを一般家庭でも導入する必要があります。地球にやさしい家であればすでに対策はしてあるため、最初に対応しておけばずっと同じ家に住み続けられるといえるでしょう。